本八幡鍼灸院 HOME > 様々な症状に関する知恵袋 > 子宮内膜の状態を良くするために、鍼灸でで...

様々な症状に関する知恵袋

子宮内膜の状態を良くするために、鍼灸でできること:千葉県・市川市・本八幡鍼灸院

先日、患者さんで

「いつもより基礎体温が
安定していない割に、子宮内膜が厚いんです」

という方がいらっしゃいました。

いつもの周期は11日目で内膜が9mmほど
なのにも関わらず、今週期は10日目で12mm
あったそうです。


基礎体温はいつもより、上下の差が緩やかに
起こっていたとのこと。


この内膜の厚みの可能性は、
大きく分けて2つあります。

まず1つめは、全周期の内膜が完全に剥離されずに
残ってしまっていた
可能性。

もう1つは、卵の成長スピードが
いつもよりも早く、それに伴って内膜も成長した
可能性。


後者はその周期の体調により、
誰にでも起こりうることなので、
その後の基礎体温や、卵の成長具合を確認
していれば問題ありません。


しかし、前者の場合だと
ホルモンが乱れてしまった影響が大きいです。


子宮内膜は黄体ホルモンが分泌されることで
厚くなっていきますが、ホルモン分泌の上下が
はっきりしていないと内膜は育ったり、
剥離したり出来ないのです。

 

いずれにしても、この場合は
体温がしっかり下がりきっていないことや、
いつもより内膜の成長スピードが早いことから、
卵を育てる時期に内膜を育てるホルモンが
多く出てしまっている可能性が高いです。



もし、前周期の内膜が残ってしまっているのなら
しっかり剥離させ、子宮を綺麗な状態に
リセットしなければなりません。

 
その為に当院で行うことは、
妊娠の可能性が無い周期の生理直前に
鍼やよもぎ蒸しを行って、子宮の収縮を促すことです。

剥離できなかった内膜は
「お血」と呼ばれる老廃物になって、身体に溜まっていきます。

生理時にしっかりリセットすることも
赤ちゃんを迎える次の準備に取り掛かると
いう面で、本当に大切なこと
なのです。



最後までお読み頂きありがとうございます。


鍼灸師 鈴木瑞生

本八幡鍼灸院

◆住所   〒272-0023 市川市南八幡3-4-8 HKアルファビル5F
◆アクセス JR本八幡駅徒歩3分/都営新宿線本八幡駅徒歩5分
◆代表者  峯岸 里美

◆営業時間

【月~金】
9:00~12:00/15:00~20:00
【土曜】
9:00~16:00

定休日/ 木・日・祝

047-711-4331 インターネット割引
メールでお問い合わせ

ページ上部へ戻る


お気に入りに追加
先輩患者様の声
施術を受けた方の喜びの声
赤ちゃんに恵まれずお悩みの方へ
インターネット限定割引
LINEバナー LINEバナーQR
様々な症状に関する知恵袋

営業時間

【月~金】
9時~12時/15時~20時
【土曜】
9時~16時

定休日

木・日・祝

所在地

〒663-8183
〒272-0023
千葉県市川市南八幡3-4-8
HKアルファビル5F

電話番号

047-711-4331

代表者

峯岸 里美

スタッフブログ
姉妹院 住吉鍼灸院
姉妹院 大島はり灸整骨院
姉妹院 平井鍼灸院
姉妹院 錦糸町はり灸院

お知らせ