本八幡鍼灸院 HOME > 様々な症状に関する知恵袋 > 着床の窓が開いている時期に鍼灸治療をして...

様々な症状に関する知恵袋

着床の窓が開いている時期に鍼灸治療をして、妊娠率を上げる!

「着床の窓」をご存知ですか?

6596-500x375.jpg

これは、胚が着床する最適な時期を表す用語です。


当院では、体外受精などを受けられた方には移植後、なるべくすぐに施術を受けて頂くようにご案内しています。
それは、着床の窓と大きく関係しているからです。


では、一体いつがその時なのかというと受精してから5~8日頃と言われています。


排卵してから受精するまでは遅くても24時間以内なので、大体、排卵してから6〜9日で窓は閉じてしまいます。
閉閉じている期間は妊娠の可能性が無いと考えてもいいでしょう。

受精卵が子宮内膜を侵食し、完全に癒合して、内膜で覆われたときが着床という状態です。
受精卵は着床のタイミングを待ち構え、子宮の状態がベストなタイミングで癒合します。


そのベストなタイミングを作る上で、欠かせないのが黄体ホルモンによる、内膜を厚く、柔らかくする作用です。
shikyuu.jpg


黄体ホルモンは脳に内膜を厚く、柔らかくするよう司令を出します。


そのような時期に当院で行う施術は、黄体と内膜への血流を送り込みしっかりと厚みを出す為の施術と、
脳からの司令が子宮まで滞りなく伝わるように自律神経の調整などを行います。


直接的に、鍼で着床させることは不可能ですが、お身体のサポートは色んな方向から行うことが出来ます。

鍼灸を移植の直前直後に行うことで、着床の確率が20%も上昇するというデータが出ているのは、紛れもなくこのような働きのおかげだと言えるでしょう。

全ては奇跡的なタイミングの積み重ねが妊娠に繋がります。
当院ではその奇跡の確率を上げるため、移植後の施術を特に大切にしています。

VPxlhhONVo3EgoO_jprj1_3.jpeg


今、自分の体ではどんな反応が起きているのかを把握して頂いた上で
施術を受けて頂きたいと思います。

本八幡鍼灸院

◆住所   〒272-0023 市川市南八幡3-4-8 HKアルファビル5F
◆アクセス JR本八幡駅徒歩3分/都営新宿線本八幡駅徒歩5分
◆代表者  峯岸 里美

◆営業時間

【月~金】
9:00~12:00/15:00~20:00
【土曜】
9:00~16:00

定休日/ 木・日・祝

047-711-4331 インターネット割引
メールでお問い合わせ

ページ上部へ戻る


お気に入りに追加
先輩患者様の声
施術を受けた方の喜びの声
赤ちゃんに恵まれずお悩みの方へ
インターネット限定割引
LINEバナー LINEバナーQR
様々な症状に関する知恵袋

営業時間

【月~金】
9時~12時/15時~20時
【土曜】
9時~16時

定休日

木・日・祝

所在地

〒663-8183
〒272-0023
千葉県市川市南八幡3-4-8
HKアルファビル5F

電話番号

047-711-4331

代表者

峯岸 里美

スタッフブログ
姉妹院 住吉鍼灸院
姉妹院 大島はり灸整骨院
姉妹院 平井鍼灸院
姉妹院 錦糸町はり灸院

お知らせ

美容系のメディアに当院が取り上げられました。▼クリックして読みに行く