本八幡鍼灸院 HOME > 様々な症状に関する知恵袋 > 鍼灸治療~卵巣過剰刺激症候群(OHSS)

様々な症状に関する知恵袋

鍼灸治療~卵巣過剰刺激症候群(OHSS)

不妊治療をされていると登場することのある薬としてhmg、hcg注射があります。
8954-1.jpg


この注射は卵巣に働きかけ、排卵誘発をする作用があることで知られていますが、通常であれば、排卵する為に必要なホルモンはLHというホルモンです。

hcgは本来妊娠したときに赤ちゃんから出てくるホルモンなのですが、LHの生成が難しいのと、hcgがLHに構造が似ているので生成が簡単なhcgを使用しているのです。


hcgはLHと比べて、ものすごく強い作用を持つので卵巣で卵が沢山育ちすぎることが原因で卵巣が腫れて来ます。
この腫れは炎症を伴い、炎症が起きる事で水が滲出してしまいます。
これが腹水となり、お腹に溜まるととても苦しい状態となります。
c8571a28e76912537ea85ace5e57e137-259x300.png


その炎症が起きている状態の卵巣を鍼灸で治療していくことは可能です。

もともと東洋医学では卵巣は「腎」がつかさどっており、「腎」は水分の調整を行っています。

この「腎」の機能を上げ、腹水により滞ってしまった部分を改善させていくと症状が緩和して行きます。


起きてしまった炎症を止める事は出来ませんが、早めに炎症を終わらせるようにしてあげることは可能です。


炎症が更に進む原因となるのが「妊娠」になります。

過剰刺激になってしまった状態で胚移植は避けるべきだと言えるでしょう。


入院する必要も出て来てしまうので
自分の身体を第一に考えて治療を受けられてくださいね^^


最後までお読み頂きありがとうございます。

鍼灸師 鈴木瑞生

本八幡鍼灸院

◆住所   〒272-0023 市川市南八幡3-4-8 HKアルファビル5F
◆アクセス JR本八幡駅徒歩3分/都営新宿線本八幡駅徒歩5分
◆代表者  峯岸 里美

◆営業時間

【月~金】
9:00~12:00/15:00~20:00
【土曜】
9:00~16:00

定休日/ 木・日・祝

047-711-4331 インターネット割引
メールでお問い合わせ

ページ上部へ戻る


お気に入りに追加
先輩患者様の声
施術を受けた方の喜びの声
赤ちゃんに恵まれずお悩みの方へ
インターネット限定割引
LINEバナー LINEバナーQR
様々な症状に関する知恵袋

営業時間

【月~金】
9時~12時/15時~20時
【土曜】
9時~16時

定休日

木・日・祝

所在地

〒663-8183
〒272-0023
千葉県市川市南八幡3-4-8
HKアルファビル5F

電話番号

047-711-4331

代表者

峯岸 里美

スタッフブログ
姉妹院 住吉鍼灸院
姉妹院 大島はり灸整骨院
姉妹院 平井鍼灸院
姉妹院 錦糸町はり灸院

お知らせ

美容系のメディアに当院が取り上げられました。▼クリックして読みに行く