本八幡鍼灸院 HOME > 様々な症状に関する知恵袋 > 【症例報告】不妊症症例1

様々な症状に関する知恵袋

【症例報告】 不妊症 症例1

【症状名】不妊症

【患者像】
Nさん 37歳 女性

【来院】
 2014,10,5 

【症状】
主訴:不妊、生理前の全身症状
5年前から妊娠を希望しているが、1度も着床したことがない。病院も通っていたことがあり、人工授精は10回以上、体外受精までステップアップしたが、成功せず治療に疲れてしまった。35~40日周期、生理前の肩こりや背中の痛み、頭痛がひどく薬を飲んだり湿布を貼ることで対処。常に冷えを感じている。胃腸が弱く、肉を食べると必ず下してしまう。
大腸炎の他に、高プロラクチン血症、抗精子抗体陽性、頸管粘液が少ないと診断を受ける。

【治療経過と内容】
治療方針脾胃の働きを高めることで、全身の機能調整とホルモンバランスの改善を図る

治療を開始して4カ月弱で、ほぼ全身症状は出なくなってきた。生理前の頭痛や不調も無く過ごせるようになっていた。本人としても、体調が良い自覚が出ていた。初診から1年経ったところで、妊娠に至っていなかったため、もう一度体外受精を勧めたところ、1回目の新鮮胚移殖周期で妊娠。1回目の妊娠は化学流産に終わってしまったが、その次の周期ですぐに凍結胚移植を行い、再度妊娠。妊娠中も大きなトラブルはなく自然分娩で出産に至った。

【同時に治療した症状】
肩こり、背中の痛み、頭痛、胃腸症状

【使用した主なツボ】
三陰交、足三里、大渓、中かん、天枢、関元

【考察】
妊娠に必要な要素は十分に治療で補うことが出来ていたと考える。自然妊娠に至らなったのは、抗精子抗体の影響と推測され、今回の症例では抗精子抗体に鍼灸で対応することが出来なったとも考えられる。今回の症例では体外受精を併用したが、抗精子抗体を持つ場合は人工授精以上の治療と、鍼灸の併用が効果的であると考える。


本八幡鍼灸院

◆住所   〒272-0023 市川市南八幡3-4-8 HKアルファビル5F
◆アクセス JR本八幡駅徒歩3分/都営新宿線本八幡駅徒歩5分
◆代表者  峯岸 里美

◆営業時間

【月~金】
9:00~12:00/15:00~20:00
【土曜】
9:00~16:00

定休日/ 木・日・祝

047-711-4331 インターネット割引
メールでお問い合わせ

ページ上部へ戻る


お気に入りに追加
先輩患者様の声
施術を受けた方の喜びの声
赤ちゃんに恵まれずお悩みの方へ
インターネット限定割引
LINEバナー LINEバナーQR
様々な症状に関する知恵袋

営業時間

【月~金】
9時~12時/15時~20時
【土曜】
9時~16時

定休日

木・日・祝

所在地

〒663-8183
〒272-0023
千葉県市川市南八幡3-4-8
HKアルファビル5F

電話番号

047-711-4331

代表者

峯岸 里美

スタッフブログ
姉妹院 住吉鍼灸院
姉妹院 大島はり灸整骨院
姉妹院 平井鍼灸院
姉妹院 錦糸町はり灸院

お知らせ