様々な症状に関する知恵袋

【症例報告】腰痛1

【腰痛】
【患者像】
Tさん 30代 男性

【来院】
 2013,2,26 

【症状】
主訴:腰痛、肩こり
腰痛の自覚は仕事を始めた6年前から慢性的にある。
ソムリエをされていて重い荷物をもくことが多い。またワインを注ぐときの中腰の姿勢も腰に負担がかかる。
仕事中は立ちっぱなしなのと中腰で、背筋を伸ばすように身体に力が入っているために、梨状筋や中臀筋が硬くなり
坐骨周りから坐骨神経を圧迫し、足のダルさ、痛み、シビレが膝裏まで出ることもある。
足の冷えも自覚あり。お風呂や温めた後は楽になることが多い。

【治療経過と内容】
治療方針
仙腸関節から大腰筋、臀筋に緊張が強くなるため、直接筋肉へのアプローチを行う。
鍼やオイルトリートメントに加え、お灸や温熱療法など温める施術を併用するとより効果が高まる。
同時に足も温めることで全身の筋肉が緩む。
足の症状があるときは臀圧へのハリと大腿の硬結に鍼をし、パルスで流れを良くする。
仕事中の姿勢により骨格のゆがみ、重心のズレが起きやすい。
左右で見ると左半身に負担がかかりやすく、骨盤も左が上がりやすくなるため
日常的に重心が左にかかりやすい癖がある。
歪みがひどくなった際は、骨盤や骨格の調整を行い、左右のズレを整えると筋負担も
しばらくかかりづらくなり、体調を維持しやすいので、定期的に骨盤調整、骨格調整も
鍼灸とともに行っていく。


【同時に治療した症状】
冷え、肩こり

【使用した主なツボ】
臀圧、腎兪、志室

【考察】
仕事の姿勢による筋疲労からの腰痛、足のダルさ、シビレだったため、
筋肉の硬結部位、冷えのある部位へのアプローチをメインで行った。
整形外科的な施術が効果的な例だった。
施術開始時は週に1回の来院ペースで施術を行ったが、
いまは月に1回のメンテナンスの施術、筋疲労を回復させるとともに、骨格の調整を行っている。
仕事の質が上がると喜ばれている。


本八幡鍼灸院

◆住所   〒272-0023 市川市南八幡3-4-8 HKアルファビル5F
◆アクセス JR本八幡駅徒歩3分/都営新宿線本八幡駅徒歩5分
◆代表者  峯岸 里美

◆営業時間

【月~金】
9:00~12:00/15:00~20:00
【土曜】
9:00~16:00

定休日/ 木・日・祝

047-711-4331 インターネット割引
メールでお問い合わせ

ページ上部へ戻る


お気に入りに追加
先輩患者様の声
施術を受けた方の喜びの声
赤ちゃんに恵まれずお悩みの方へ
インターネット限定割引
LINEバナー LINEバナーQR
様々な症状に関する知恵袋

営業時間

【月~金】
9時~12時/15時~20時
【土曜】
9時~16時

定休日

木・日・祝

所在地

〒663-8183
〒272-0023
千葉県市川市南八幡3-4-8
HKアルファビル5F

電話番号

047-711-4331

代表者

峯岸 里美

スタッフブログ
姉妹院 住吉鍼灸院
姉妹院 大島はり灸整骨院
姉妹院 平井鍼灸院
姉妹院 錦糸町はり灸院

お知らせ