本八幡鍼灸院 HOME > 様々な症状に関する知恵袋 > 不妊治療~卵の成長とエストロゲン~

様々な症状に関する知恵袋

不妊治療~卵の成長とエストロゲン~

こんにちは。本八幡鍼灸院の茂木です。
本日はエストロゲンというホルモンについてお話していきますね。

エストロゲンって、みなさんは聞いたことがあるでしょうか。
女性ホルモンに一つで、女性らしい丸みのある身体を作ったり、肌や髪をつややかにする働きや、卵胞の発育や、子宮内膜を厚くする、精子が入りやすいように、頸管粘液の分泌を促すなどの働きもあり、妊活中に女性には、とても大切なホルモンなのです。
このエストロゲンを分泌するには、いくつかの工程があります。
まず、脳の視床下部というところから、FSH(卵胞刺激ホルモン)とLH(黄体形成ホルモン)という「性腺刺激ホルモン」が分泌されます。
この二つのホルモンの働きによって、ある物質をエストロゲンに変えていくのです。その物質がコレステロールです。つまり、エストロゲンの材料はコレステロールなんですね。
一見、コレステロールと聞くと、身体に悪いものとして認識している方もいらっしゃいますが、女性の身体にはとても大切なものなのです。
この一連の流れが正常に行われると、エストロゲンが分泌されるのです。

分泌されるエストロゲンの数値によって、卵胞の成長も確認することができます。
月経がはじまってから排卵までは、13~70pg/mg、排卵期は70~240pg/mg、排卵後は70~160pg/mgとなります。
卵胞の発育に比例してエストロゲンの数値も上がるので、卵胞が一番成長している排卵期が最も高くなるのです。

しかし中には、このエストロゲンの数値が基準値に行かないという方もいらっしゃいます。
この時身体に起こる症状として考えられることは、卵胞が育っていないということ。エストロゲには内膜を厚くする働きもあるので、当然内膜も薄い可能性があります。
この場合は、エストロゲンを分泌するまでのホルモンが出ていない場合と、ホルモンは出ていても卵巣が受取れていない場合が考えられます。

私たちの治療院では、ホルモンが出ていない場合は自律神経に対するアプローチを、ホルモンは出ているけど卵巣が働けていない場合には、卵巣や腎機能にアプローチをかけます。
鍼やお灸の他にもオイルトリートメントや整体など、色々な角度からアプローチを入れることで、様々な症状に合わせた治療ができます。
卵の成長や内膜に大きく関係するエストロゲン。ホルモンのバランスが気になる方は、ぜひ一度ご連絡ください。

最後までお読みいただきありがとうございます。

市川市 本八幡鍼灸院
茂木 紗央里

本八幡鍼灸院

◆住所   〒272-0023 市川市南八幡3-4-8 HKアルファビル5F
◆アクセス JR本八幡駅徒歩3分/都営新宿線本八幡駅徒歩5分
◆代表者  峯岸 里美

◆営業時間

【月~金】
9:00~12:00/15:00~20:00
【土曜】
9:00~16:00

定休日/ 木・日・祝

047-711-4331 インターネット割引
メールでお問い合わせ

ページ上部へ戻る


お気に入りに追加
先輩患者様の声
施術を受けた方の喜びの声
赤ちゃんに恵まれずお悩みの方へ
インターネット限定割引
LINEバナー LINEバナーQR
様々な症状に関する知恵袋

営業時間

【月~金】
9時~12時/15時~20時
【土曜】
9時~16時

定休日

木・日・祝

所在地

〒663-8183
〒272-0023
千葉県市川市南八幡3-4-8
HKアルファビル5F

電話番号

047-711-4331

代表者

峯岸 里美

スタッフブログ
姉妹院 住吉鍼灸院
姉妹院 大島はり灸整骨院
姉妹院 平井鍼灸院
姉妹院 錦糸町はり灸院

お知らせ