本八幡鍼灸院 HOME > 様々な症状に関する知恵袋 > 卵管造影検査ってなに?妊娠率が上がる不妊...

様々な症状に関する知恵袋

卵管造影検査ってなに?妊娠率が上がる不妊症の基本的な検査

不妊治療を始める際に行う基本的な検査。
今日は卵管造影検査についてお話していきますね。

卵管造影検査とは、子宮腔の形や大きさ、卵管の走行、疎通性、狭窄などを検査するために行われます。
水溶性または油溶性の造影剤を子宮頚管を通して子宮に注入し、X線撮影を行って診断します。

子宮筋腫、子宮内ポリープなどによる子宮腔の変形、流産後の外傷性の子宮腔の癒着、卵管水腫、双角子宮などの先天性の子宮奇形などの有無も診断することができます。


この検査は、卵管性不妊の診断にとても大切な検査です。
なにも不調がなくても、卵管がつまっていたり、着床しづらい子宮の状態があるのならば、いくら体質を改善しても効果的でない場合があります。


またこの検査後は、機械的に卵管が広がったり、周囲との癒着が剥がれ疎通性が回復することがあるので、3カ月~6カ月は妊娠率が高くなる可能性があります。
その為、月経が始まって1週から10日くらいに行うのがベストなタイミングです。

特に、油溶性の造影剤の方が疎通性を上げる働きが強いです。ただし、翌日にも撮影が必要になるので、時間的に難しい場合は、1日で検査が終了する水溶性の方が適しているかもしれません。
身体への負担も違ってくるので、担当の先生と相談してみるといいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございます。
市川市 本八幡鍼灸院
茂木 紗央里

本八幡鍼灸院

◆住所   〒272-0023 市川市南八幡3-4-8 HKアルファビル5F
◆アクセス JR本八幡駅徒歩3分/都営新宿線本八幡駅徒歩5分
◆代表者  峯岸 里美

◆営業時間

【月~金】
9:00~12:00/15:00~20:00
【土曜】
9:00~16:00

定休日/ 木・日・祝

047-711-4331 インターネット割引
メールでお問い合わせ

ページ上部へ戻る


お気に入りに追加
先輩患者様の声
施術を受けた方の喜びの声
赤ちゃんに恵まれずお悩みの方へ
インターネット限定割引
LINEバナー LINEバナーQR
様々な症状に関する知恵袋

営業時間

【月~金】
9時~12時/15時~20時
【土曜】
9時~16時

定休日

木・日・祝

所在地

〒663-8183
〒272-0023
千葉県市川市南八幡3-4-8
HKアルファビル5F

電話番号

047-711-4331

代表者

峯岸 里美

スタッフブログ
姉妹院 住吉鍼灸院
姉妹院 大島はり灸整骨院
姉妹院 平井鍼灸院
姉妹院 錦糸町はり灸院

お知らせ