本八幡鍼灸院 HOME > 様々な症状に関する知恵袋 > 卵巣嚢腫や内膜症などの自宅ケア

様々な症状に関する知恵袋

卵巣嚢腫や内膜症などの自宅ケア

当院で卵巣嚢腫や内膜症を診ていく時に大切にしているポイントは「鼠蹊部」です。

この鼠蹊部が硬くなることで卵巣や子宮周辺の血流が悪くなっていき、その滞った血液が行き場をなくした結果、吹き溜まりのような形で腫瘍を形成すると考えます。

現代ではデスクワークなどで常に鼠蹊部を詰まらせている姿勢になっている方が多くいます。
農作業などとは違い、全く動かずに固定されているので筋肉もどんどん硬くなります。

そんな筋肉を柔らかくしていくことも治療の一つですが、ご自宅でできるケアもお伝えします。

その中の1つに「内転筋ストレッチ」があります。
内転筋はを伸ばすにはまず、足の裏と裏を合わせるようにしてあぐらをかくような姿勢で座ります。
そのまま腰を立てて上半身を前に倒していきます。

そうすると鼠蹊部の内側がぐーっと伸びる感じがあると思います。

これを1回につき10秒を毎日3回続けていただくと内転筋はどんどん緩んでいきます。


年々、内膜症や嚢腫に悩む女性は増えています。
健康だと思っている方でもこのストレッチを習慣にすることをお勧めします!

本八幡鍼灸院

◆住所   〒272-0023 市川市南八幡3-4-8 HKアルファビル5F
◆アクセス JR本八幡駅徒歩3分/都営新宿線本八幡駅徒歩5分
◆代表者  峯岸 里美

◆営業時間

【月~金】
9:00~12:00/15:00~20:00
【土曜】
9:00~16:00

定休日/ 木・日・祝

047-711-4331 インターネット割引
メールでお問い合わせ

ページ上部へ戻る


お気に入りに追加
先輩患者様の声
施術を受けた方の喜びの声
赤ちゃんに恵まれずお悩みの方へ
インターネット限定割引
LINEバナー LINEバナーQR
様々な症状に関する知恵袋

営業時間

【月~金】
9時~12時/15時~20時
【土曜】
9時~16時

定休日

木・日・祝

所在地

〒663-8183
〒272-0023
千葉県市川市南八幡3-4-8
HKアルファビル5F

電話番号

047-711-4331

代表者

峯岸 里美

スタッフブログ
姉妹院 住吉鍼灸院
姉妹院 大島はり灸整骨院
姉妹院 平井鍼灸院
姉妹院 錦糸町はり灸院

お知らせ

美容系のメディアに当院が取り上げられました。▼クリックして読みに行く