本八幡鍼灸院 HOME > 様々な症状に関する知恵袋 > 子宮内膜症の手術は受けた方がいいのか?

様々な症状に関する知恵袋

子宮内膜症の手術は受けた方がいいのか?

まだまだ原因がわかっていない「子宮内膜症」。
今や推定800万人の方が月経困難症といって、月経周辺での不快症状を抱えていると言われていますが、30代月経困難症の方の原因として圧倒的に多いのが「子宮内膜症」です。約6割を占めると言われています。

月経困難症の2人に1人以上が子宮内膜症を発症しているというデータですので、これは人ごとではありません。

身近な病気の子宮内膜症ですが、故に軽く考えられていることが多いのも事実です。
「みんながなってる病気」=「心配ないもの」という考えは正しくありません。

子宮内膜症によって不妊で悩まれているカップルは非常に多く、深刻な問題を抱えています。
<子宮内膜症が原因による不妊要因>
・排卵障害
・卵子のピックアップ障害
・受精障害
・受精卵の輸送障害
・着床障害

以上のように、妊娠のためのすべての工程に影響を与えるリスクがあります。
手術は今後の将来設計をした上で慎重に決断する必要があります。その理由というのも、手術を受けることで「妊娠できる年齢のリミット」が縮まる可能性があるからです。

子宮内膜症はどこにでもできる病気ですが、卵巣内にできた「チョコレート嚢胞」を手術する際に、これから赤ちゃんになる可能性のある卵子の元も一緒に失われるのです。

しかし、内膜症がある限り、卵子の質も低下しますし着床の妨げにもなります。
ARTに進んだ方は温存しながら治療を進められるパターンが多いですが、オペをした方がその後の妊娠成績が良いというデータもあります。着床の妨げがなくなるからだと推測されます。

まだまだ妊娠の予定がないという方は、早めに手術を考えた方が良いと言われます。
月経ごとに進行していく病気ですので、負担が少ないうちに病巣を除去して、再発がを止めるために薬を服用していくのが現段階の1番の治療法です。

様々なメリットデメリットを考慮した上で、最善の選択ができますように。
オペに迷っている方の1つの情報となれば嬉しいです。


本八幡鍼灸院

◆住所   〒272-0023 市川市南八幡3-4-8 HKアルファビル5F
◆アクセス JR本八幡駅徒歩3分/都営新宿線本八幡駅徒歩5分
◆代表者  峯岸 里美

◆営業時間

【月~金】
9:00~12:00/15:00~20:00
【土曜】
9:00~16:00

定休日/ 木・日・祝

047-711-4331 インターネット割引
メールでお問い合わせ

ページ上部へ戻る


お気に入りに追加
先輩患者様の声
施術を受けた方の喜びの声
赤ちゃんに恵まれずお悩みの方へ
インターネット限定割引
LINEバナー LINEバナーQR
様々な症状に関する知恵袋

営業時間

【月~金】
9時~12時/15時~20時
【土曜】
9時~16時

定休日

木・日・祝

所在地

〒663-8183
〒272-0023
千葉県市川市南八幡3-4-8
HKアルファビル5F

電話番号

047-711-4331

代表者

峯岸 里美

スタッフブログ
姉妹院 住吉鍼灸院
姉妹院 大島はり灸整骨院
姉妹院 平井鍼灸院
姉妹院 錦糸町はり灸院

お知らせ

美容系のメディアに当院が取り上げられました。▼クリックして読みに行く