本八幡鍼灸院 HOME > 様々な症状に関する知恵袋 > 原因不明の不妊症、子宮内膜炎が影響!?

様々な症状に関する知恵袋

原因不明の不妊症、子宮内膜炎が影響!?

こんにちは本八幡鍼灸院の飯坂です。

検査結果に異常はないのに、なかなか妊娠しない、、、。
もしかしたら『慢性子宮内膜炎』の可能性があるかもしれません。

子宮の内側の粘膜に炎症が続く『慢性子宮内膜炎』この疾患をもつ女性について、抗菌薬での治療によって妊娠率が向上することが、東京大学などの調査で分かっているそうです。内膜炎の女性の妊娠率や出産率は、内膜炎が無い女性より大幅に低いことも結果が出ています。原因不明の不妊の一部には内膜炎が影響している可能性があります。

では『慢性子宮内膜炎』って?
子宮内膜症と何が違うの?と疑問を持たれるかと思います。

子宮内膜症は、もともとは子宮の内側だけにあるはずの子宮内膜が、子宮の内側以外の場所にできてしまう疾患です。子宮の内側以外の場所にできてしまった内膜も、本来の子宮内膜と同じように、生理と同じサイクルで女性ホルモンの影響をうけ、増殖や出血を繰り返してしまいます。子宮以外では増殖した内膜や血液は体外に排出することができません。そのため、毎月生理のたびに炎症を起こし、ほとんどの場合、閉経するまで少しずつ進行していきます。

一方、慢性子宮内膜炎は子宮内膜の深い部分で炎症が起こり、持続している状態です。月経が起こっても自然に治ることはなく、炎症が持続して慢性化します。

原因としては子宮内へ細菌が入り込み感染することで子宮内膜に炎症が起こっているという説が有力ですが、他にも子宮内の検査後やタンポンの長期装着、子宮内避妊具の長期留置などがあります。

経血の減少、無月経などがみられることもありますが、症状がないことも多く、見過ごされてしまう場合もあります。生理不順や無月経、炎症が卵管に及ぶことなどにより、不妊症となることもあります。

子宮内膜は受精した卵が着床するベッドのようなもので、子宮内膜の環境が及ぼす影響は大きいです。この情報が少しでもお役に立てれば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございます。

本八幡鍼灸院

◆住所   〒272-0023 市川市南八幡3-4-8 HKアルファビル5F
◆アクセス JR本八幡駅徒歩3分/都営新宿線本八幡駅徒歩5分
◆代表者  峯岸 里美

◆営業時間

【月~金】
9:00~12:00/15:00~20:00
【土曜】
9:00~16:00

定休日/ 木・日・祝

047-711-4331 インターネット割引
メールでお問い合わせ

ページ上部へ戻る


お気に入りに追加
先輩患者様の声
施術を受けた方の喜びの声
赤ちゃんに恵まれずお悩みの方へ
インターネット限定割引
LINEバナー LINEバナーQR
様々な症状に関する知恵袋

営業時間

【月~金】
9時~12時/15時~20時
【土曜】
9時~16時

定休日

木・日・祝

所在地

〒663-8183
〒272-0023
千葉県市川市南八幡3-4-8
HKアルファビル5F

電話番号

047-711-4331

代表者

峯岸 里美

スタッフブログ
姉妹院 住吉鍼灸院
姉妹院 大島はり灸整骨院
姉妹院 平井鍼灸院
姉妹院 錦糸町はり灸院

お知らせ

美容系のメディアに当院が取り上げられました。▼クリックして読みに行く