子宮内膜症でお悩みの方

 

子宮内膜症とは

子宮の内側を覆う粘膜を子宮内膜といいます。子宮内膜症とは、子宮内膜によく似た組織が子宮以外の場所に発生し、増え続ていく状態です。
発生しやすい場所は、直腸と子宮のすき間(ダグラス窩)、膀胱と子宮の間(膀胱子宮窩)、卵巣、卵管、子宮筋層、骨盤腹膜などですが、まれに肺や胸膜など胸のほうの離れた場所に発生することもあります。

増えた組織は子宮内膜と同様に生理のときに剥がれ落ち、出血を起こします。それがおなかの中にたまって炎症を起こすと、周囲にある腸などと癒着するなどにつながります。特に卵巣に子宮内膜症ができると、チョコレート色の古い血液がたまり袋状になるため、「チョコレートのう胞」と呼ばれます。

子宮内膜症の症状

多くは強い生理痛を伴います。あるときから生理痛が強くなり、だんだん生理痛がひどくなってきたという場合は要注意です。薬を飲んでも痛みが治まらない、起き上がれないなど日常生活を送れないくらいの影響を及ぼすほどの、ひどい生理痛になる場合があります。

また子宮以外からも出血が起こるため、生理の時の出血量が増えることあります。こまめにナプキンを変えなければいけない、下着から漏れてしまうほどの出血量になることもあります。

吐き気や嘔吐、下痢などの消化器症状、腰痛、性交痛、排尿痛、過多月経や不正出血が見られる場合もあります。妊娠しにくくなり、不妊となるケースも少なくありません。

子宮内膜症の原因

子宮内膜症は原因不明と言われています。
生理の血が何らかの原因でお腹に逆流し、そのまま留まってしまうという説が有力です。逆流した生理の血液は通常であれば自然に吸収されるのですが、一部残ってしまうものがあり、それが留まることによって、炎症を起こす原因となるようです。

女性のライフスタイルの変化により一生のうちの生理の回数の増えています。そのため子宮内膜症で悩む女性も増えてきていると考えられています。

女性の初経年齢は早くなっているのに閉経年齢は変わっていない為、自然と月経期間は伸びていきます。
また晩婚化が進み、生理が10年以上中断されることなく繰り返され、女性が生涯に経験する月経回数は、昭和のころの女性達に比べて、およそ10倍にもなっています。昭和のころの女性達は生涯に50回しか月経がなかったそうです。

子宮内膜症は月経が繰り返されるたびに進行します。そのため、現代の女性は子宮内膜症のリスクが高まっていると言えるのです。

子宮内膜症と鍼灸

東洋医学では子宮内膜症は「冷えから起因する瘀血(血液や気の滞り)」と言われています。また寒疑や陽虚も原因となります。

症状の改善は何よりも患部の炎症を抑えることです。
生理時の痛みや不正出血、あるいは下半身の強い冷えは卵巣周辺で起きている冷えから生じています。
子宮内膜症の炎症を改善しながら、同時に滞っている血流を改善して子宮内膜の状態を整え、腸との癒着や卵巣の腫れ、貧血の程度や胃腸の働きの改善など、その方の状態に合わせ体質改善を進めていきます。