着床しやすい身体作りのための食事

こんにちは。院長の峯岸です。

朝晩が涼しくなってきましたが、冷えの対策はされてますか?

寝間着を長袖長ズボンに替える、布団を一枚増やすなど、

特に寝るときの冷え対策は早めに行っていきましょうね!

睡眠は妊娠に大切なホルモンに大きく関係しますし、卵子や精子の成長にも関係します。

常に良い睡眠を取ることの出来る状態を作っていきましょうね!

着床率を上げる食事って??

妊娠に重要なことは、食事の栄養面でもたくさんあります。

バランス良く栄養素を摂ることは重要です。

●タンパク質を摂る

タンパク質の多い食事を摂ることが、妊娠しやすい身体作りにつながると考えられています。

お肉、お魚、大豆などの良質なタンパク質を摂るようにして下さい。

どれくらいのタンパク質が必要かと言うと、

体重✕1g~1.5g

50キロの体重の方でしたら50g~75gが目安となります。

さらに重要なこととして、タンパク質は食いだめが出来ません。

1日3食の中で20gづつなど、分けて摂取することが必要です。

では食品ごとにタンパク質はどのくらい摂取できるのか?

  • 鶏のささみ100g・・・23.0g
  • もも肉100g・・・20g前後
  • 豚ロース100g・・・19.3g
  • 鮭の切り身・・・17~20g
  • 豆腐一丁300g中・・・19.8g

毎食しっかりタンパク質を摂っているかというと…

昼夜は摂っているけど、朝は足りていないと言う方…多いのではないでしょうか?

 

●糖質を控える

糖質を控えることで、身体の糖化を防ぐことにつながります。

糖化とはいわゆる「身体の老化」です。

身体の中でタンパク質が余分な糖と結合してしまうと、タンパク質が劣化・変成してAGE(終末糖化産物)になります。

AGEは強い毒性があり、蓄積すると老化の原因となってしまいます。

あらゆる細胞を老化させてしまうので、精子や卵子も老化させてしまうのです。

白砂糖などのスイーツだけでなく、ご飯、麺類などの炭水化物、果糖の果物なども糖質ですので、

摂りすぎには気をつけましょう。

但し女性は炭水化物を減らしすぎると便秘になる方もいるので、過度に抑えすぎないようにして下さいね。

今日はお食事のことについてお話ししました。

身体を作る栄養素は、受精卵の着床にとっても非常に関連がありますので

日々の中で積み重ねて改善していきましょうね!