排卵障害でお悩みの方

排卵障害とは

排卵は月経周期ごとに1回行われます。「排卵障害」とは、排卵までの過程、つまり卵子が育つまでの間に何らかの障害があり、排卵が行われない状態をいいます。卵が育たたない場合と、育っても排卵されない場合があります。

排卵障害かどうかは、「基礎体温を確認する」ことで確認することが出来ます。排卵の直前にはホルモンの影響で体温が一時的に下がります。そしてその後体温が上がり、2相になります。

基礎体温が2相にならない、生理不順が長く続いている場合は、排卵障害の可能性があります。

排卵障害の原因

排卵障害の原因は、大きく発生部位によって3つに分類されています。

①視床下部性の排卵障害

排卵障害の原因として最も多いとされているのが視床下部によるものです。

視床下部から分泌される、GnRH(性腺刺激ホルモン放出ホルモン)というホルモンが、脳下垂体を刺激します。その刺激によって脳下垂体が黄体化ホルモンや卵胞ホルモンを分泌し、それが血液を通して卵巣に届くことで、卵子の入っている袋(卵胞)が大きく育つようになります。

つまり、視床下部からのホルモンが分泌されないことには、排卵の仕組み自体が働かなくなってしまいます。視床下部からホルモンが出なくなる要因は様々あり、そのため排卵しづらくなる要素として最も多いとされています。

人間関係の悩み・寝不足・長時間労働・疲労・過度なダイエット(1カ月で2~3キロ痩せるなど)は、視床下部性の原因としてよく言われているものです。月経が止まったり、乱れたりした場合は視床下部からのホルモンの乱れが考えられますので注意しましょう。

 

②下垂体性の排卵障害

下垂体性の排卵障害は、割合は高くありません。ですが下垂体はいろいろなホルモンをホルモンの分泌をする、重要な働きをしている部位です。例えば腫瘍を取り除く手術などした後は、卵子を育てるホルモンが出にくくなることがあります。

③卵巣性の排卵障害

卵巣性の排卵障害の場合は、卵子の入った袋(卵胞)の数がそもそもない状態。男性で言うと無精子症と同じ状態です。ターナー症候群といわれる先天性の性腺の形成不全で起こる場合があります。また早期閉経といって、通常より早くに閉経が起こってしまう場合にも表れます。(40歳未満で閉経した場合に早期閉経といいます)

一般的な対処法

病院ではホルモン剤を使った対処法が一般的です。

クロミフェン療法

【排卵誘発法】 無排卵・黄体機能不全

投与することで、脳はエストロゲンの分泌が足りていないと錯覚をし、エストロゲンの分泌を促すように脳の視床下部から指令を出します。結果、卵胞発育を促し排卵を起こします。

ゴナドトロピン療法

【排卵誘発法】 無排卵・黄体機能不全

卵胞の発育を促進するホルモン剤(hMg製剤、またはFSH製剤)を投与します。一定の大きさまで卵胞が育ったら、排卵を促すhcg製剤を投与して、排卵を起こします。

当院の施術

当院では、ホルモンの調整をするために自律神経へのアプローチ子宮や卵巣の働きをよくするために骨盤内の血流改善の施術をしていきます。

鍼灸治療をベースに体質改善をしていきますが、妊活は時間との戦いです。整体・よもぎ蒸し・骨盤調整などの様々な治療を組み合わせる「コンビネーション療法」を用いることで、より早く妊娠しやすい体質へと変えていきます。

 

当院の施術が効果的な理由

当院には日本自律神経研究会から認定を受けている鍼灸師が在籍しています。

ホルモンバランスの調整をしているのは自律神経です。自律神経へのアプローチをより専門的に行うことで、根本的な部分にアプローチをすることができます。

また、自律神経を整えることはホルモンバランスだけではなく、精神的な緊張や波を抑えることもできます。

排卵障害はストレスなどの精神的状態の影響もあります。

心身のバランスを整えることで、より治療効果を高めていきます。

当院に通って妊娠された患者様の声

体質が改善し、妊娠された方の喜びの声

卵の質が良くなり妊娠された方の喜びの声

 

排卵障害は、自律神経と血流を整えることで改善する可能性が大いにあります。

身体と共に精神的な安定も作れるようにして、元気な卵を育てていきましょう。

 

体外受精を考えている方はこちら!!

卵の育ちを良くしたい方はこちら!!