市川市の【不妊治療費】助成金について

こんにちは。院長の峯岸です。

不妊治療をされている方であれば、一度は悩まれることもあると思います。

クリニックで行う不妊治療にかかる費用についてです。

市川市にお住いのご夫婦であれば、

  • 医療機関で行う不妊検査
  • 医療機関で行う一般不妊治療(タイミング法、人工受精など)
  • 一般不妊治療の一環で医療機関が処方する処方箋による調剤。

などが助成金の対象となります。

1回の申請における助成限度額は自己負担の2分の1、上限50000円までとなっています。

市川市の場合は

  1. 一般不妊治療の開始日から助成申請日において、婚姻をしている(事実婚含む)
  2. 一般不妊治療の開始日において、妻の年齢が43歳未満※である
    • ※43歳未満:満43歳の誕生日の前日まで
  3. 助成申請日において、夫婦の双方又は一方が市川市に1年以上継続して住民票がある
  4. 助成申請日において、市川市税※を滞納していない
    • ※市川市税:市県民税、固定資産税、軽自動車税、国民健康保険税など
  5. 特定不妊治療を受けたことがないこと
  6. 各健康保険の被保険者又は被扶養者であること。

という1~6までの条件を満たしているご夫婦であれば、だれでも申請することができます。

 

ただし一部助成の対象とならない場合があるのでご確認ください。

  1. 夫婦以外の第三者からの精子、卵子又は胚の提供を受けて行うもの
  2. 第三者が妻の代わりに妊娠及び出産をするもの
  3. 入院費、食事代、文書料
  4. 体外受精、顕微授精等の特定不妊治療に係る検査及び治療の費用
  5. 医療機関の処方箋によらない調剤等の費用

詳しくは市川市の公式HPをご確認ください。→市川市不妊治療費助成事業のご案内