月経不順でお悩みの方

月経不順

月経とは、約1ヶ月の間隔で起こり、自然に止まる子宮内膜からの出血のことです。

正常月経の範囲は、月経周期日数でいうと25日~38日です。

月経周期の不順は大きく2つに分けられます。

①頻発月経:月経周期が25日以内で短いもの。この場合、黄体機能不全無排卵症が疑われる。

②希発月経:月経周期が38日以上で長いもの。

月経持続期間の異常

①過短月経:2日以内のもの。子宮発育不全の場合みられる。

②過長月経:8日以上のもの。子宮筋腫無排卵症でみられる。

月経血量の異常

①過多月経:月経血量の多いもので、子宮筋腫などでみられる。

②過少月経:月経発育不全や無排卵症などでみられる。

 

子宮発育不全

これは病名として確立されていないので、はっきりとした診断基準はありません。

子宮が小さいことや、子宮内膜が薄く、着床しづらい状況や流産となる場合を子宮発育不全という。

子宮発育不全の原因は卵巣機能の低下!?

女性ホルモンの産生不足卵巣機能が低下した時に起きます。

甲状腺や副腎、筋肉などに対する自己免疫性疾患(甲状腺機能亢進症、甲状腺機能低下症、アジソン病など)をもつ人に多いことや、

卵巣や卵巣周囲の手術、放射線などの化学療法によって早発卵巣不全になったり、それ以外の薬剤によっても卵巣機能の低下に繋がる事があります。

嗜好品と卵巣機能の低下との間にも関連性(経皮毒)が大きく関わっています。また、喫煙によって卵巣機能の低下が起こるとされています。

月経不順のお悩みが解決された方の喜びのお声はこちら

月経不順のお悩みが解決され妊娠できた方のお声はこちら。