多嚢胞性卵巣症候群でお悩みの方

多嚢胞性卵巣症候群とは

排卵がうまくされていないという方に多いのが、
この「多嚢胞性卵巣症候群」です。

卵子のもととなる卵胞はたくさん卵巣の中に
あるのですが、卵巣の中で小さい状態から
なかなか育たずに、排卵まで時間がかかったり、
排卵が起きなかったりしてしまうのです。

多嚢胞性卵巣症候群の原因とは

卵巣の中の
男性ホルモンの量が多くなること
が原因だといわれています。

なぜ多くなるのか?というと、
脳から出る「黄体化ホルモン」
血液中の糖の値を下げる「インスリン」
働きによるものです。

この2つのホルモンが正常よりも卵巣に強く
影響することによって、男性ホルモンが卵巣の中で
局所的に増えていると考えられます。

体重の増加によって、多嚢胞性卵巣症候群の
症状はより出やすくなります。

また血糖値が高いことも影響しやすいので、
食生活が関係することも研究されています。

東洋医学の考え方では
多嚢胞性卵巣は「瘀血」と考えられています。

血液や気、エネルギーが滞った状態が瘀血なので、
卵子の滞りも同じようにとらえるのです。

瘀血になる要因としては
「油物」「糖分の多いもの」取りすぎる
食生活が影響するとも言われています。

鍼灸による多嚢胞性卵巣症候群の
改善

卵巣内の流れや滞り、ホルモンバランスの乱れを
自律神経の調整によって改善していきます。

お腹の硬さをとることによって卵巣の血流改善
をしていき、瘀血状態を解消していきます。

通院による鍼灸の施術だけでなく、ご自宅でのケア
やお灸などを使ったケアを組み合わせて、
より効果的な状態にしていきます。

当院の施術が効果的な理由

コンビネーション療法

鍼灸治療と一緒に手技療法・補助療法を用いて
施術をしていきます。

体質を変えるというのは時間がかかります。
しかし妊活は時間との戦い・・・。

より効果的に体質改善をしていくために
鍼灸治療をベースに
様々な角度からアプローチをします。

 

【オイルトリートメント】
硬くなった筋肉を緩めて血流改善をしていきます。

【整体】
骨格の歪みを調整し、卵巣や子宮に負担がなく
血液循環が良くなる骨格
へと導きます。

【よもぎ蒸し】
よもぎにはホルモン調整作用や血流改善
働きがあります。
よもぎを煎じた蒸気を下半身から浴びることで
皮膚や粘膜から成分を吸収します。

患者様の喜びの声

卵の質が改善して妊娠された方の喜びの声

多嚢胞性卵巣症候群が改善し、妊娠された方の
喜びの声

 

来院当初は卵が育たない、生理が自力で来ない
という方も
「卵の育ちが良くなってきた」
「薬を使わないで生理が来きた」
と体質改善して妊娠される方がいらっしゃいます。

鍼灸を通して自分の体質を変えてみませんか(^^)?

 

排卵障害でお困りの方はこちら!!

基礎体温が2層にならない・・・そんな方はこちら!!