症状別ページPage: 2 / 3

AMH(抗ミュラー管ホルモン)って何? 初期の発育段階である原子卵胞から1次卵胞へ発育する過程に関わっているホルモンです。 例えていうなら、植物が種から芽を出すまでの段階のことです。 成長はもちろんですが、成長が早く進み…

続きを見るarrow_forward

赤ちゃんが欲しいと思えば思うほど強いプレッシャーは心だけでなく体の生理反応にも影響が出てきます。 人間の心と体は密接に結びついていますから、心に強いストレスがありますと、体にまで異常をきたすことがあります。 心の健康を保…

続きを見るarrow_forward

帯下(おりもの) 帯下(おりもの)は、子宮頸部(けいぶ)の粘膜、腟(ちつ)粘膜、腟口のバルトリン腺から分泌されるさまざまな液がまじった膣分泌液のこと。 子宮頚管粘液など、膣内を乾燥から守り、細菌やウイルスなどの進入を防ぐ…

続きを見るarrow_forward

つわり 妊娠によって起こる悪心、嘔吐など消化器系の症状を中心とする症状のことです。 妊娠に伴い体は変わっていきます。 内分泌学的な変化や代謝性の変化や精神医学的変化など原因は様々です。 主な症状 悪心(吐き気)、唾液量の…

続きを見るarrow_forward

妊娠高血圧症候群(PIH)とは? 高血圧に加え母体の血管障害や様々な臓器障害が発生する全身疾患のことです。 妊娠20週以降~産後12週までの期間に高血圧や蛋白尿があり、合併症の疑いがない場合、 このような診断をします。妊…

続きを見るarrow_forward

更年期障害 更年期障害とは、40歳を過ぎた女性にあらわれやすい症状です。 更年期とは、月経のある時期からなくなる時期に移る間をいい、この時期には、卵巣機能の衰えや、その他の内分泌器官との調和がくずれるため、 血管運動神経…

続きを見るarrow_forward

多嚢胞性卵巣症候群とは 排卵がうまくされていないという方の中に多いのが、この「多のう胞性卵巣症候群」です。 卵子のもととなる卵胞はたくさん卵巣の中にあるのですが、卵巣の中で小さい状態からなかなか育たずに、排卵まで時間がか…

続きを見るarrow_forward

排卵障害とは 排卵は月経周期ごとに1回行われます。「排卵障害」とは、排卵までの過程、つまり卵子が育つまでの間に何らかの障害があり、排卵が行われない状態をいいます。卵が育たたない場合、育っても排卵されない場合があります。排…

続きを見るarrow_forward

  子宮内膜症とは 子宮の内側を覆う粘膜を子宮内膜といいます。子宮内膜症とは、子宮内膜によく似た組織が子宮以外の場所に発生し、増え続ていく状態です。 発生しやすい場所は、直腸と子宮のすき間(ダグラス窩)、膀胱と…

続きを見るarrow_forward

月経困難症とは?  月経の開始に伴い、下腹部・腰痛などの痛みとともに頭痛、悪心、嘔吐などの症状を伴い、月経終了後に症状が消失、または軽減するものを月経困難症といいます。      月経困難症の原因 月…

続きを見るarrow_forward